加盟団体紹介
・不入斗道場
・大矢部道場
関空会
日和会田中道場
日本空手道明光館
・走水道場
・頌栄塾
和道流横須賀支部
・若鷹会
・高等工科学校
・防衛大学校空手道部
・三浦学苑
・緑ヶ丘女子中学・高校
・横須賀学院
・日産自動車
・海上自衛隊横須賀
・県立横須賀高校
・稲岡クラブ
津浜道場
・並木松濤塾
・櫻文館横須賀
・新起倒塾
・良武会横須賀
・自衛隊武山
・湘南学院高校
・聖空会
・秀倫会
加藤塾
・県立横須賀工業高校
・新極真会木元道場
真永館
・Y&Kスポーツアカデミー
・横須賀YMCA
・空手道 令空会
全34団体
空手道基本形教範


空手道基本形教範
お問い合わせ先
横須賀市空手道協会事務局
〒238-0026
神奈川県横須賀市小矢部1-35-38
TEL:046-835-9865
Mail:ssato-itoh@jcom.home.ne.jp
トップ  >  こども空手道憲章

こども空手道(からてどう)憲章(けんしょう)

空手道(からてどう)は、沖縄(おきなわ)においてわが(くに)独自(どくじ)武術(ぶじゅつ)として発展(はってん)し、国内(こくない)において普及(ふきゅう)していくなかで、礼節(れいせつ)(おも)んじる日本(にほん)古来(こらい)武道(ぶどう)精神(せいしん)()けつぎながら、武術(ぶじゅつ)から武道(ぶどう)へと発展(はってん)したわが(くに)固有(こゆう)武道(ぶどう)です。

かつて武道(ぶどう)は、武技(ぶぎ)習得(しゅうとく)(わざ)練磨(れんま)だけでなく、礼節(れいせつ)()につけ、心身(しんしん)(きた)える修行(しゅぎょう)方法(ほうほう)として発展(はってん)してきました。

このような武道(ぶどう)伝統(でんとう)精神(せいしん)空手道(からてどう)にも()()がれ、空手道(からてどう)(まな)(おお)くの日本(にほん)のこども(たち)を、立派(りっぱ)人格(じんかく)をもった青少年(せいしょうねん)成長(せいちょう)させるために(おお)きな役割(やくわり)をはたしています。

また(いま)では空手道(からてどう)は、世界(せかい)各国(かっこく)普及(ふきゅう)し、国際(こくさい)交流(こうりゅう)(つう)じて世界(せかい)平和(へいわ)実現(じつげん)健全(けんぜん)()(なか)(やく)()青少年(せいしょうねん)育成(いくせい)などに(おお)きな貢献(こうけん)をしています。

(わたし)たちは、たんなる技術(ぎじゅつ)習得(しゅうとく)のみにかたよらず、礼節(れいせつ)(おも)んじる空手道(からてどう)精神(せいしん)(ただ)しく理解(りかい)し、このすばらしい日本(にほん)伝統(でんとう)文化(ぶんか)大切(たいせつ)にしながら、空手道(からてどう)修行(しゅぎょう)(つづ)けていくことが重要(じゅうよう)です。
そして、日本(にほん)国民(こくみん)として(はず)かしくない礼儀(れいぎ)作法(さほう)()につけ、社会(しゃかい)ルール(るーる)マナー(まなー)(まも)り、社会(しゃかい)人々(ひとびと)から尊敬(そんけい)されるような人格(じんかく)形成(けいせい)努力(どりょく)しなければなりません。

これからも空手道(からてどう)精神(せいしん)(ただ)しく理解(りかい)し、修行(しゅぎょう)(つづ)けていくために、(わたし)たちが(こころ)がけなくてはならないことを「こども空手道(からてどう)憲章(けんしょう)」として(かか)げ、これを(まも)ります。

第一条(だいいちじょう)目的(もくてき)
空手道(からてどう)は、日々(ひび)心身(しんしん)練磨(れんま)(つう)じて強靭(きょうじん)なからだを(きた)え、人格(じんかく)(みが)き、心身(しんしん)ともに立派(りっぱ)青少年(せいしょうねん)育成(いくせい)することを目的(もくてき)としています。
第二条(だいにじょう)(こころ)(がま)え)
空手道(からてどう)修行(しゅぎょう)をする(ひと)は、空手道(からてどう)精神(せいしん)(ただ)しく理解(りかい)し、礼節(れいせつ)正義感(せいぎかん)道徳心(どうとくしん)克己(こっき)勇気(ゆうき)(いつ)つの資質(ししつ)()につけ、向上(こうじょう)させるよう努力(どりょく)しなければなりません。
第三条(だいさんじょう)稽古(けいこ)
稽古(けいこ)をするときは、先生(せんせい)(おし)えや礼儀(れいぎ)(まも)り、基本(きほん)大切(たいせつ)にして、(わざ)だけではなく心技体(しんぎたい)向上(こうじょう)目指(めざ)して修練(しゅうれん)(はげ)みます。
第四条(だいよんじょう)競技(きょうぎ)
競技(きょうぎ)演武(えんぶ)では、ふだん練磨(れんま)した心技体(しんぎたい)成果(せいか)()しきってがんばります。組手(くみて)(かた)競技(きょうぎ)では()()けや結果(けっか)だけにこだわらず、審判(しんぱん)指示(しじ)ルール(るーる)をよく(まも)り、(つね)節度(せつど)ある真剣(しんけん)態度(たいど)競技(きょうぎ)します。
第五条(だいごじょう)稽古場(けいこば)
稽古場(けいこば)道場(どうじょう)体育館(たいいくかん)(など))は、(わざ)(みが)き、(こころ)(からだ)をきたえる場所(ばしょ)であることを(わす)れず、礼儀作法(れいぎさほう)(まも)り、規律(きりつ)(たも)つとともに、静粛(せいしゅく)清潔(せいけつ)安全(あんぜん)維持(いじ)できるよう(こころ)がけます。
第六条(だいろくじょう)仲間(なかま)
稽古場(けいこば)仲間(なかま)大切(たいせつ)にして、お(たが)いに協力(きょうりょく)し、(はげ)ましあいながら(きび)しい稽古(けいこ)()え、(たの)しく修行(しゅぎょう)し、
さらに(おお)くの仲間(なかま)をつくります。稽古場(けいこば)では自己責任(じこせきにん)フェアプレー(ふぇあぷれー)精神(せいしん)()につけ、自分本位(じぶんほんい)にならず、仲間(なかま)(たい)する(おも)いやり、(やさ)しさ、感謝(かんしゃ)する(こころ)(やしな)い、ともに成長(せいちょう)することが大切(たいせつ)です。

公益(こうえき)財団法人(ざいだんほうじん)全日本(ぜんにほん)空手道(からてどう)連盟(れんめい)

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:7 平均点:10.00
前
空手道 憲章
カテゴリートップ
TOP
次
武道憲章